講演会の依頼でイベント大成功|タメになる話で集客率アップ

男女

流れを把握しよう

スーツの女性

講師の依頼をするためには、講師と紹介をする会社を通す必要があります。流れとしては講演の依頼を先に伝えることが先でしょう。講演依頼を受けると派遣をする担当者から折り返し連絡がきます。このやりとりはメールでも可能です。この段階で決めることはイベントの開催日時と企画の内容、対象者です。この点で不明なことが多々出てくるため、気軽に相談ができる担当者かどうかの見極めが大切になってきます。尚、数多くのイベントを成功させてきた会社は依頼者の要望に耳を傾けできるだけ叶えられるよう努めてくれます。例えば講師の依頼にかかる料金の調整だったり、人気の講師とのスケジュール管理であったりあるいは企画の内容で意見を言っても、数多くの依頼を受けてきた実績のある会社であれば嫌な顔を1つせず対応してくれます。そのような場所で企画を進行していけば失敗せずに気持よくイベントを終わらせることが可能です。

講師の依頼では、主に企画の内容や日程、対象者を細かく設定しますが納得のいく内容だと次は正式な講演依頼へと進みます。この時企画書や講演依頼に必要な書類が添付されるので記入漏れのないよう注意しましょう。また、講演開催に伴い発生してくる交通費や宿泊チケット等も専門会社が手配をしますので手間がかかりません。実際に講演内容の打ち合わせに入るのは上記のような流れが固まってきた頃です。この時に詳しい講演会の内容とイベントに必要な資料が手渡されることが多いのでしっかりと目を通しましょう。最終確認を行ない、不備がないかしっかりとみていきます。